多田銀山

昨日、あつ~い中、北摂エリアを走ってきました。コースは紫合~南田原~多田銀山~ソエ谷峠~切畑~広根と近畿自然歩道を回る約20kmのコースです。70%くらいは未舗装のダートで結構楽しめます。傾斜は結構、フラットですが、中間地点にあたるソエ谷峠の登りはかなりきついです。自宅からとりあえず車で出発し、白金の○オンの駐車場を目指します。こちらの駐車場をちょっとかりて、まずはMTBのセットアップです。駐車に関しては、行きに飲料、帰りに靴とTシャツを購入してるので許してください。(笑)紫合の交差点から少し民家の中を走ると自然歩道の標識が出てきます。この標識に沿って、多田銀山を目指します。
画像
画像
画像
舗装路を少し走るとふれあい公園に出てきます。で、このまま突き進むと、”この先行き止まり”の看板が!地図では、このまま進むはずなんだがなあ~と思い、近くで農作業中の民家の方にきいてみると、「車が通行禁止なだけで、自転車はいけるよ。でも道は悪いけど・・・」とのこと。そのためのMTBやでと心のなかで思いながら、先を目指します。それからちょっと走ると警告の看板が・・・。ここからがダートの始まりです。結構、フラットな道で走りやすくまた、木漏れ日が気持ちいい!
画像
画像
画像
画像
そのままシングルトラックの道を進むと、開けた場所に出ます。ダブルトラックのフラットで走り道が続きます。少し走ると金彦神社を経て、銀山悠久の館にたどり着きます。
画像
画像
画像
で、また近畿自然歩道に戻り、ソエ谷峠を目指しますが、ここからが大変です。途中、あまりハイカーの方も利用されていないようで、倒木も多く、暗くウェットなガレた登りが延々と続きます。服もバイクも泥だらけだよ~!(泣)
画像
画像
砂利の多い急坂を上りきるとようやくソエ谷峠の標識が・・・。暑さと急坂の押しで疲労も最高潮です・・・。(泣)
画像
画像
ただこのソエ谷峠を越えると、「峠過ぎればなんとかで」ダブルトラックのダウンヒルが続きます。これがあるからやめられないんでしょうね、きっと・・・。(笑)自然歩道を下りきると、切畑から広根までは下りの舗装路を走ります。道は狭いですが、対向車が多いので気をつけて走ります。
画像
画像
帰りは、北田原にある温泉旅館”岩屋館”さんhttp://www.iwayakan.com/で汗を流します。私も初めて行きましたが、景色もよくいいお風呂です。かなり使えます!!こちらがお風呂からの景色です。※男風呂は私一人だけでしたので、こっそり撮影できました。旅館の方、ごめんなさい(笑)
画像
画像
この暑さのなか、走るのはそろそろ厳しいかなかな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴょんりん
2008年07月09日 16:18
昨年の夏、世界遺産に登録されたばかりの
石見銀山に行って感激したのだが、
多田銀山は、洞窟とか残っているのかい?
2008年07月09日 23:55
>ぴょんりんさん
こんばんは。コメント有難うございます。
そういえば石見銀山に行かれてましたね。世界遺産と比べると規模は小さいかもしれませんが、青木間歩といった坑道がありました。中は、外とは比較にならないくらい涼しく、ひんやりしてました。詳しくは、こちらを・・・。http://www.town.inagawa.hyogo.jp/ina-kanko/rekisi/6.html

この記事へのトラックバック